迷子急増中

オカメインコがケガをしたら

ケガの応急処置

オカメインコもさまざまな状況でケガをすることがあります。

ケガの事例

  • 複数羽を同じケージで飼っている場合に、ケージ内で小鳥同士による縄張り争いの喧嘩
  • 放鳥中にガラスや壁に強度
  • 訪朝中に鳥類以外(犬や猫など)の動物に噛まれる
  • 放鳥中にオカメインコを見失い人が踏みつけてしまう

切り傷で少量の出血があった場合、止血できてそのままにしていると、ばい菌が入って深刻な症状になることもありますので、なるべく早く動物病院へ行きましょう。

足や翼が変な方向に曲がっていたり、引きずっていたら骨折しているかもしれません。骨折の場合そのまま放置すると元通りにならなくなることがあります。

早々に動物病院へ連れて行くいくことが必要です。動物病院への移動中もなるべくケガをした部位を使わせないようにしましょう。

プラスティック製ケースの底にペーパーを敷き詰めて、底の浅い容器に餌をいれて足を使わなくても餌を食べられるようにしてあげましょう。

あとは病気のときも同様ですが、しっかり保温して体力低下を防ぎましょう。




サイト内検索

コミュニティ