迷子急増中

オカメインコの病気を早期発見する

定期的な健康診断

オカメインコは野生の環境においては天敵から身を守るために、体調が悪かったとしても外見には見せず気丈に振舞います。

我が家にきたオカメインコも例にもれず、飼い主に体調が悪いことを伝えてくれません。しかし、飼い主が日々のオカメインコの状態をよく見てあげることで、病気を早期に発見することもできます。

それでも、オカメインコの異変に気づくことができないこともあるかもしれません。そのためにも、定期的に健康診断を受けて、オカメインコの病気に気づけなかったとしても早期に対処できるようにしたいものです。健康診断を受ける際は、鳥を専門的に診療する動物病院に連れて行きましょう。

オカメインコをお迎えするときに、最寄の鳥専門の動物病院を調べておけば、いざというときに速やかに行動できます。

健康診断を受けるときの目安ですが、お迎えしてから1週間後に1度受診して、その後は幼鳥期と高齢期は半年に1度、成鳥期は年に1度とするのがよいでしょう。




サイト内検索

コミュニティ