鳥の病院口コミ

病院の口コミへの投稿についてお知らせ

・当口コミ欄における書き込みについては当サイトでは一切の関与と責任の所在はないものと致します。
・当口コミへの投稿内容について営利目的や誹謗中傷目的と明らかにわかるもの、またそれにあたらない場合でも独自に当サイト管理者の判断によって書き込みを削除する場合がございますので予めご容赦願います。
・上記の判断によって掲載出来なかった投稿・削除した投稿については一切の責任を負わないものとさせていただきます。

小鳥のセンター病院(中央病院)


地方: 

  • 関東

都道府県: 

  • 埼玉県

市区町村: 

川口市前川4-24-5

病院紹介: 

【病院HPより】
小鳥用CTやBGMの流れる入院室、親切なスタッフなど様々な最新の設備、最先端の技術で小鳥を守っている当病院。常に新しい技術とやさしい看護で診療します。

病院HP http://www.birdpro.jp/index.html

おすすめ度: 

1.92857
平均: 1.9 (14 投票)

14件のコメント

小型フィンチが多飲多尿で具合が悪くなり焦って口コミなどを調

おすすめ度: 

1

小型フィンチが多飲多尿で具合が悪くなり焦って口コミなどを調べずこの病院にかかってしまいました。
そのう、便検査では異常なしウイルスなしとわかりましたが、今の状態ではレントゲンや血液検査ができそうにないので体力回復のため入院を勧められました。「入院費は一泊6000円くらいですが、もちろん元気になり次第すぐにお戻しします」と。
翌日になってネット上でこの病院が大変評判が悪いことを知り、他へ転院しようと思った矢先に入院二日後に死亡。入院して体重が17g→から14gに減っていたにもかかわらず、できないと言っていたレントゲンや血液検査をされ、注射と強制給餌をしたそうです。14gの小鳥から血液を抜いたのですよ?!結局死因は脂肪肝と高脂血症でした。

評判もよく調べず大事な小鳥を入院させてしまった、飼い主の私の責任ですから先生には文句も言わず辞して参りましたが、駐車場に戻って主人と二人で大泣きしました。

HPで臨床数月1000羽、どんな鳥でもおまかせ…とうたっていますが、命の重さも1000分の1の扱いです。皆様鳥専門病院をお探しになると思いますが、ここは元は犬猫の病院、鳥専門ではありません。抗生物質で直るような安易な症例や健康診断でしたら大丈夫ですが、内臓疾患、特に30グラム以下の小型鳥では要注意です。

7歳になるセキセイインコが羽を膨らませ

おすすめ度: 

5

7歳になるセキセイインコが羽を膨らませ、元気がなくこちらの池袋病院に連れて行きました。きっと入院になるだろうな・・と思っていたのですが、移動の途中で止まり木にも止まれない状況になりました。すぐに診察をしてくれ、やはり入院と言われ、お腹の膨らんでいる原因を調べるには入院して調べないと状態的に厳しいと言われました。そのため、そのまま川口の病院へ行き入院となりました。その2日後、院長先生から主人に「悪性の精巣腫瘍」と連絡がありました。ちょうどその日に私が面会に行き、直接院長先生から病状の説明と治療方針の説明がありました。
先生はレントゲンを見せながら、現在の状態を丁寧に説明してくれました。
こうだからこの子は飛べない・・性が変わってしまっていること、うちの子の今までの症状がすべて合致していることに驚きました。
かなりぐったりした状態で入院したので、先生はこの子が飛べないことを知りませんし、私も伝えていませんでした。しかし、レントゲンを見て先生は「だからこの子は飛べない」と言いました。実は私は医療従事者なので、レントゲン画像をみる機会も多く、ある程度は理解できます。でも先生には伝えていなかったので、わかりやすいように正常なレントゲン画像とうちの子の画像を比較して説明してくれました。
そのあとの治療方針の説明についても、二つ方法を提示してくれ、「抗がん剤治療」「QOLをとるか」どちらにするのかを考えてほしいと言われました。治療方針の説明も一般の方がわかりやすいように話をしてくれていました。正直、そこまでかみ砕かなくても私は理解できるし、先生に気を使わせて申し訳なく思い、私の職業を伝え先生の話は理解できることを説明しました。
今まで他の病院に行ったこともありますが、ここまで的確に診断してくれた先生はいませんでした。本当の獣医さんに出会った気がしましたし、先生の熱心さが伝わってきました。先生は診察以外に入院している子たちを、夜は11時ぐらいにみて、朝も6時には診ているそうです。だから「なにかあれば夜間でも連絡しますが大丈夫ですか?」と言われました。それだけきちんと診てもらえるなら任せようと思いました。
でも、うちの子は残念ながら亡くなりましたが、でも先生には本当にしっかり治療してもらったと思います。
人間であれば点滴ですが、鳥であれば注射です。治療が人間と違い治療に対する理解が難しいのかもしれません。また、人間であれば辛いとか言葉で伝えられますが、それができない動物たちです。だから、飼い主さんの意向と違う結果になったときに、信用できないとなるように思います。また、人間と違って動物は皆保険ではありません。そのため、高額となってしまいお金がかかる上に、死んでしまったとなると先生のせいになってしまうのかと思いました。
人間の病気治療でもご家族が期待する結果にならなければ、不満を抱きます。医師も病状の説明をきちんとしているのですが、人間は自分の都合の良いようにしか解釈しません。
だから、小鳥の病院の口コミはこうなってしまうのかと思いました。先生も一生懸命治療してくれているのに、このように言われてしまうのは、気の毒と思いました。
私は経験のある先生で信頼できると思いました。でも、この先生を信頼できない飼い主さんは、自分が信頼できる獣医を探せば良いのだと思います。
今はネットでいくらでもリサーチができます。自分で納得のいく獣医を探し、診てもらえば良いのだと思います。

以前握力が無くなった?と思い連れて行きました。

おすすめ度: 

1

以前握力が無くなった?と思い連れて行きました。
即入院になり翌日会いに行きましたが、変わり果てた姿でした。
両足はグーになっており目は虚ろうずくまりぐったりしていました。
その姿を見て退院させたいと言ったら治療途中なので帰せないと言われ奥に連れて行きました。
握力が弱い?と思い連れていき酷い状態にされてしまった。
入院日の説明では今日は保温のみで翌日検査しますと言われました。
翌日に会いに行ったらレントゲンを見せられ意味不明な事ばかり言い出し検査結果が悪いから暫く入院ですと説明はするもののチビ抜きでの説明。
奥に連れて行かれ一目会わせただけで、会わせて下さいと頼んだら支払いしたら会わせますと言われました。
こんな病院にチビを預けたら殺されると思い一泊二日25000円支払い退院させました。
その足で鳥友に電話し浦和の鳥専門病院を教えてもらいチビを連れて行きました。
自力で糞が出来なくなったチビは、このまま3日出なかったら可哀想ですが..,..と言われましたが、先生に言われマッサージをし翌日巨大糞をしました。
数日うずくまっていましたが、自力で糞がまた出来るようになり、ご飯も少しずつ食べるようになりました。
両足はグーのままですが、あれから11年未だに元気で来年15歳になります。
もし自身の家族を病院に連れて行くのであれば文院本院共にここには絶対に連れて行かないで欲しいと強く思います。

ページ