ホーム / インコの日記 / オカメインコ吐きました

インコの日記

愛鳥さんの成長日記や日々の出来事など

日記の投稿はユーザー登録が必要です。

オカメインコ吐きました

26日朝から弱々しい感じですごい甘えていたり、お昼過ぎ吐いてしまいました。保温しています。

SNSでシェアできます。

コメントはどなたでも投稿できます。投稿者さんに伝えたいことをコメントしてみましょう。

新しいコメントが上位に表示されます。

16件のコメント

初めまして!未来です。コミュニティーが今あらし(アンチ

初めまして!未来です。コミュニティーが今あらし(アンチ)防止で会員登録してからじゃないとコメント不可のため、こちらへコメント書かせてもらいますね。まず、オカメインコちゃん、いつ頃からそういう状況ですか?
かかりつけの病院さんにはいけましたか? 横浜小鳥の海老沢先生のTwitterご存知ですか?先生がお時間あれば、そこで、お返事くれることもありますので。ご相談してみるといいと思いますよ。

で、詳しくお聞きしてないので、アドバイスができませんが、保温して改善できているのなら、元気になってきたら、即病院へいきましょうよ。

この時期だとカンジタ菌かもしれませんし。らせん菌かもしれないし、カビが生えやすい時期なので、善玉菌と悪玉菌やひよりみ菌などの菌のバランスが崩れ、悪玉菌が多くなったかもだし、食滞かもしれませんし。
吐いた原因がわかりません。病院で詳しくお話して、糞、そのう検査、
場合によりレントゲン、血液検査など、支持を仰いで受けてみてください。

どちらにお住まいか?何県など教えて頂けたら、鳥をちゃんとみれる病院でお勧めなところを教えることができるかもしれません。

もし、日頃お近くに鳥専門がない場合は、酸素室を70万ほどで買い取るとか、レンタルすぐできるように、手元に資料をおくとか、ネプライザーを購入するとか、電圧治療ですと、人間のあんま器(肩こり機)などを自宅に念のため備えておいた方がいいと思います。簡易てきに虫かごみたいなプラケースに、酸素ボンベ購入し、入れてできますが、すぐになくなるので30分もたないです。それに長い目でみて、3万程度すぐなくなるから、高くても酸素発生機などを購入された方がいいと思います。そうすれば、いったんそういうお部屋に入れて、回復してきたら、即病院へ行けますから。

とりあえず、安静にし、食べるなら食事を与えることです。いつも食べなれたものを与えた方がいいです。かかりつけの先生に何を与えたらいいか?聞いてみましょう。あと、熱中症にならないように注意して温めてくださいね。

私とお話したい場合は、ここじゃなく、ブログなど教えて頂けたらメールしますが、私はあいにくTwitterはやってない(見る専門)ので、
詳しく病状を説明したい場合は、メールアドレスなど一時的にムーンちゃんママさんのプロフの登録の所に出して頂けたら、メール差し上げますよ。(私がうつしたら即消してくださいね)とにかく、今はTwitterしてないのでDMおくれないのですみません。ブログもやってないですね。まだお聞きする限り若いオカメインコさんなので、早期に原因特定し、完治させてしまえば、早く治るとお聞きする範囲では思います。

なお、上のご自宅に用意しておいた方が良い物は、今後のためにです。今回の病気に必ずしも使えるものでもないです。その他にも、強制餌食の仕方など教わるといいですが、具合悪い時に無理に食べさせると誤嚥の原因、かえって誤嚥性の肺炎になりかねないし、呼吸困難の上、心臓停止にもなりますから。

強制餌食するときはかかりつけの先生に十分に相談してからにしてくださいね。「うちの子今、こういう状況ですが、強制餌食した方がいいですか?」とか。何にしても本来近くに獣医さんがいない病院がない場所では、鳥さんは飼わない方が本当はいいですけど。どうしても地方で飼う場合は、自宅に獣医さんと同じような機器を購入して、いざという時のために目のつく場所に置いておく必要があります。ただし、金額が相当高い場合もありますので。それが無理な場合は、できる範囲の用意となり、少し安静にしつつ早めに、症状が少し落ち着いたら病院へ即行く、連れて行けそうにない場合なら、往診にきてくれる病院さんもありますので、来てもらうしかないです。
ただし、相当高いですから、夜間の緊急24時間の病院と同じぐらい値段が高いです。そして、朝まで状態が持ち直したら、かかりつけに即行くことをお勧めしますね。
伺う内容だと、こんなレベルの助言しかできませんので。ぜひ、メールアドレスまたは、ブログなどを教えて下さい。ブログはあまりやりたいと思わないので。メールアドレスがベターです。よろしければご連絡くださいませ。

お水もちゃんと飲ませてあげましょう。

とにかく頂いた情報からだと、何かの食あたりとか、食滞、あるいは、他の症状あれば、胃の腫れ(胃炎)上部気道炎、金属中毒、何かの中毒とか、
考えられる病気は沢山あります。お手元に病気図鑑(リトルバード小嶋先生著)などがあると、病気のあたりがつきますけど、とりあえず安静にして、
落ち付いたら、あまり揺らさないように静かに速やかに病院へ行って相談くださいね。行く前にお電話して、状態を説明してから行かれて下さい。

初めまして、未来さん。わざわざご返信ありがとうございました

初めまして、未来さん。わざわざご返信ありがとうございました。色々話があり、話の内容がごちゃごちゃになるかも知れません、何せ文章能力がなさ過ぎです。まず、うちの子は(オカメインコ)夕方予約取れたので連れて行きました。今は横で寝ています。結果、原因は不明です。が元気になりました。行きの車でゲージの中を嫌がり、外に出てお気に入りの透明なプラスチック(卵ケースのような物)に寄り添って遊んでたら、シード沢山食べました。少し吐いたり、膨らんでいましたが、主人の脚の間に、はまってくつろいで移動出来ました。実は7月4日も少し吐いて、でも元気でシード食べてまた吐いて。それで6日に受診して触診、レントゲン、糞でも異常なし。そのう検査は前回も今回もしなかったです。本当はして欲しかったのですが、必要なしと判断されたのかな?お注射を背中にしてもらいました。往復で6時間車に乗ってましたが、帰りは疲れたらしく途中私の手の中でぬくぬくと居眠りしてました。吐き続けてないので入院なし。前回、ビタミン剤、胃薬、肝臓の薬など処方されています。先生は、少し神経質な子なので、体調良くなってから血液検査をする予定です。昨日はこのまま死んでしまいそうで離れられずにいました。今もそっと覗けるように見てます。ブログの件ですが、Twitter等々何もしてなくて、唯一がLINEです。色々ありますが手続きなど分からないですね。こちらのサイトも手続きしないとダメと思い登録しましたが、すご〜い数の迷惑メールが届いています。インスタ、Twitter、Facebook、時代に取り残されていますが、スマホも3年前からでLINEだってよく分からず、出来る範囲でやっております。でも返信頂きとても有り難く、嬉しいです。さて、どのようにご連絡するのが良いのでしょうか?本当に無知で申し訳ないです。

 

お返事ありがとうございました

お返事ありがとうございました。年齢など教えて下さりありがとうございました。朝早く失礼します。結論だけ、先に書かせて頂きますね。「原因がわからないけど、治った」とうことは、ないと思います。原因は絶対あると思うし。飼い主さんなら、観察されていたらわかると思うし、鳥をちゃんと診れる病院さんなら、ムーちゃんママさんのお話聞けば原因が大体わかると思いますよ。もっと詳しくメールなどでお話聞けばわかると思います。プライベートなので、ここには詳しく書けないですけどね。そして、私は大体日本の鳥を診れる名医のいる動物病院と獣医さんは把握していますけど、正直大変失礼ですが、「うーん、いまいち、平均より下のレベルの獣医さん」という感じの獣医さんですね。まず、嘔吐している場合、嘔吐は生理的な発情などによる吐き戻しの場合もあるので、そこのすみわけはできていますよね?吐き戻しの場合、一か所に吐いたりしますし、例えばブランコなどの階段を利用して、ガンガンして、吐いたりする子もいます。そして与えるメスがいないと、自分で吐いたご飯をまたきれいに食べてしまう子もいます。

病気などで吐いたりする子は、顔や周りに吐き散らかすので、わかると思います。

まあ、吐いたあと膨らんで具合悪そうにするので。この場合は明らかに病気による嘔吐ですね。

通常、嘔吐の診断の場合、触診(身体検査)、糞検査、そのう検査

この3つが基本なのですよ。で、今は、そのう炎は、まれで、食滞までが結構多いので、そのう検査はしても無駄なので、消去法であまりしたがらない先生が多いですね。さらに、大変失礼ですが、獣医さんの中には、そのう検査苦手で、やりたくないからしない先生もいます。そのうは、長い棒のようなものを、そのうへ入れて唾液(そのう液)をとり、それで検査しますけど、鳥さんの中には、レントゲンや血液検査よりも、そのう検査苦手な子もいるし、乱暴な獣医さんとか、手先が不器用とか、目が悪い獣医さんは、そのうに傷をつけて(穴)殺してしまうケースもまれにあります。
通常胃よりもそのうは丈夫にできているのに、それに穴あけたり傷つける獣医さんは、私は鳥を診れる獣医とは認めませんね。

なので、そのう検査パスしたがる獣医さん、結構多いし、やりたがらない獣医さんは要注意です。これで爪切りも下手で出血させるとかがある場合なら、間違いなく不器用でやりたくない目が悪いのでやりたくない獣医認定してもいいと思います。あるいは、経験不足で、鳥さんにそのう検査をする経験がない先生ですね。実践(臨床数)が足りてない先生です。

つぎに、レントゲン検査、血液検査、エコー細菌検査(外部検査、マイコプラズマ、アスペルギルス、クラミジアなどの感染症の検査等)培養検査などを流れ的には行いますけど。1回でレントゲンとか血液検査を即しないで、胃腸薬とビタミン、肝臓の薬などを処方する、いわゆる対処療法も気にいらないですね。どんな薬も副作用ありますから、鳥の薬は、7,8割が人間の西洋医学の薬や漢方を薄めて体格に合わせて処方され、鳥専用に開発されている薬は、なんと2,3割しかありません。
ターゲット(病気の原因)を見つけてもいないのに、また必要な検査を十分にしてないうちに、安易に薬を出すのは、オカメインコのムーちゃんの体に負担になるだけですし、返って薬の副作用で、余計に病気が悪化し、内臓肝臓腎臓胃などにダメージを与えます。そして、オカメインコにもっとも多いのが、金属中毒や何か食べすぎて食あたりの中毒です。それをまず初めに疑いレントゲン検査をする病院さんが多いのに、それも調べないのも、私は信じられないですね。本当に鳥をちゃんと診れる病院なのか?と思います。

もっとも金属中毒を調べる血液検査はお勧めしません。かなり血液を必要とするので、死んでしまう危険もあるので、お勧めしませんね。他の検査や飼い主さんのお話を聞いたうえで、キレート注射をするか(入院して)判断する病院が多いですね。

原因がわからず、対処療法ありきで、薬出すのが日本の西洋医学中心の獣医さんですが、それにしても、ちゃんと検査しなさすぎ、ターゲットの見極めもしなさすぎで、治ることはないです。もしそれで完治できるのなら、ムーちゃんの自己免疫力でたまたま治った、ラッキーなだけです。また、原因を特定しなければ、もし、環境や食べものが原因なら、また同じことの繰りかえしをして、ムーちゃんの体を痛め、そのうち体力が落ちてきて、最悪亡くなることも十分考えられます。獣医さんは基本根本原因がわからないし、症状に対しての対処療法しかできない獣医さんが一般的に多いので「完治できない」のですよ。
だから、また病院に来ると思い、薬用意して待っています。だって治してないから。。また再発するとわかっているからです。
まして、この獣医さん、注射しましたよね?ろくに原因わからず、注射してくる獣医さん、私ならごめんですね。

しかも何の注射か説明ないのですよね?原因わからないのに、とりあえず注射ですか?

私なら断りますよ。注射1本で元気になる場合もありますけど、それはあくまで原因が特定され、ターゲットがわかる場合のみだと個人的には経験上思いますね。

セカンドオピニオンできるなら、別の病院へ早急にいくことをお勧めします。万一感染系だと、普通の検査ではわからず、遺伝子検査の血液検査が必要となりますから。でも、大体経験ある獣医さんなら、「あ、マイコぽい」とか、「クラミジアぽい」などと、経験上わかると思いますよ。
とにかくレントゲンを撮ってください。みて肝臓系など腫れていたりすると原因わかりますよ。血液検査もしてください。様子見などせず、元気なうちに早くした方がいいし、そのう検査もしてくださいね。

で、連絡方法ですが、アメブロなどに登録できませんか?

そうすれば、私もメールするように仕方なく登録しますけど。

そこで、PCのメアドを教えて頂き、やり取りしたあと、アメブロ登録を削除するという面倒ですが、やり方が1点

もう1つは、内緒チャットなどができるサイトで、メアドのやり取りをする方法

lineはインストールしていますが、私は個人情報が心配であえて使ってないですね。すみません。

最後の方法は、ムーちゃんママのプロフ(いんこだよりの登録の)に、メールアドレスを一瞬出してもらい、私がそのメアドへメールしたら、即削除してもらう方法です。

これぐらいしか思いつかないですね。今現在鍵チャットができるサイトは知らないし。申し訳ないですが、メアドを載せてもらい、Yahoo!などのフリーアドレスで万一誰かに迷惑メールもらったら、拒否してもらうとか、

あまり、よくないですが、迷子鳥の所にメールもらえるように設定してもらい、そこへ私がメールしますから、その後迷子鳥のところを削除するとか、
この日記でもメールマーク出せるなら、そこへ私がメールしますけど。
メールマーク設定は、相手にはメアドわかりませんし、他の人にもみることはできないです。これぐらいしか方法思いつかないのですけど。
もっと詳しく聞けば適切な助言ができますが、個人情報もあるし、私もこれ以上は助言が難しい感じです。とにかく、嘔吐の原因は沢山ありますから。
単に食あたりで、季節の変わり目に起こっている場合もありますし、糞検査も、正直でんぷん検査までもして、食滞しているか?調べてくれる病院さんもあります。また、細菌、カビなどを見落とす獣医さんもいて、メガバグ見えてるのに、わからない獣医さんもいたりします。
糞の状態や数など、体重や飲水量を毎日記録されてますか?お迎え健診の時に、遺伝子検査など(性別検査や、感染系の検査)ちゃんとしましたか?

1年に1回は、血液検査やレントゲン検査を含むバードドッグなどされてますか?

とにかく、お話を沢山お聞きしないことには、適切な助言も、鳥を診れる病院をお勧めすることもできないです。また、特別に効果がある食べ物やサプリメント治療方法なども詳しくかけないですし。

とにかく、メアドの件は、上記中で、できそうなことを教えて下さればそれをしますから、ご提案下さいませ。迷子鳥のところで、その他でメールもらえる設定にしてもらい、そこへ私のPCのメアド教えるか、管理人さんへ
メールして、迷子鳥のところでなく、メールマークをできる方法を教えてもらうか?してみてくださいね。

あとは、捨てメールを登録し(プロフのメアド欄に)そこへ私が本メールで
アドレスを教え、あとで、本メールをムーちゃんママさんが私に教えていただき、捨てメアドは、プロフから削除という方法もあります。迷惑メールは全部受診拒否にするか、そのID解約でもいいし。Yahoo!で作ってみてくださいね。携帯認証とかしないで作るといいと思います。捨てメールなので。

それではお待ちしていますね。

こんにちは、早朝から連絡頂きましてありがとうございました

こんにちは、早朝から連絡頂きましてありがとうございました。むーちゃんは元気に呼び泣きしてます。えさも食べてます。私、本当に色々無知で、頂いた内容読む限り胸が張り裂けそうになってます。かなり動揺してます。もしかして死んでしまうかもとか想像したら何も考えられないです。すぐにお話聞きたいのに、動揺のせいか、頂いた連絡手段のやり方が頭に入ってこなくて理解出来てないです。落ち着いて、よく見て考えてみて、夜なら息子に聞けるかも知れないです。本当に本当に感謝してます。私は仕事待機中で時間ある方ですが、未来さんにご迷惑をお掛けしないようにご指導頂けたらと思います。本当にありがとうございます。

 

こんにちは!落ち着いて下さいね

こんにちは!落ち着いて下さいね。私の書き方がまずかったですかね。。
若い子だし、急に死んだりしないと思いますよ。そこは安心してください。
対処療法の薬でも、ビタミン剤と肝臓の薬、胃薬、一般的な薬で副作用もあまり強くはない薬だと思います。何か月もだらだら上げていたらまずいけど、上げ方例えば、お水に溶かしてあげてますか?それとも保定して投薬していますか?
それによりけりですが、通常お水に溶かすタイプの薬なら、効いても効かなくても無難な薬を上げるのが一般的なので、さほど副作用は気にすることはないです。また、保定して投薬するにしても、1回1滴とかなのでこれまた心配しないでください。ただ、中毒、例えばユーカリなどのおもちゃの木をかじり倒して具合悪く中毒になる場合とか、おもちゃの金属部分をかじり中毒とかの場合や、感染系だと早めに病院にいってそれに合うお薬と治療をしないといけないので。でも、食べたものを吐いて出して体外に出せば心配することもさほどないので。よくムーちゃんのことを診てあげてくださいね。肝臓の薬を処方するのは、鳥は肝臓がダメになるとアウトなんですよ。で、言葉悪いけど、肝臓のケアさえしていれば、他の病気であっても自己免疫力で若い鳥さんや体力ある子なら治してしまえますから。

そこは、あまり心配しないでください。ただ、元気なうちに、レントゲンや血液検査はしておいた方がいいですけどね。対処療法でも薬が合えば、治るケースもありますから。ただ、あくまで一時しのぎだと思います。例えば食べ物でアレルギーとか吐くものを知らないで与えていたら、またいつか同じことがおきますよね?その都度病院へ行くことになりますから、原因を特定して上げなければいいので。冷静にムーちゃんママさん、考えてみて、ムーちゃんが吐くようになったのは、何をしてからそうなったとか?少し考えてみてください。原因は、遊び場の環境と、餌、水、おやつなどに必ずあると思います。
冗談抜きですが、オーツ麦食べ過ぎて胃が腫れてしまう子もいます。それで具合悪くなる子もいます。先ほど書いた、ユーカリの木、普通はオーストラリアが原産のオカメインコは問題ないのに、おもちゃかじりすぎて食べてしまい、たかがユーカリの木でもはいて中毒状態になる子など、原因はいろいろあります。

とにかく、そんなに心配しないでくださいね。金属中毒なら、亜鉛とかの、正直もっとひどい状況になり、死にそうになってもおかしくないので、違うと思います。

また、新型コロナ(コビット19)は、鳥にはかかりづらいです。ただし飼い主さんが陽性なら、鳥さんの世話はしない方がいいです。別の方に任せて下さいね。猫や犬なら、特に猫科は、注意しないと重症化しますけど、鳥は基本平気だと思いますので。コロナでもないですね。

とにかく今の所異常がなく、吐いてなければそんなに驚かず、病院に電話して、次回はそのう検査とレントゲン、血液検査もしてください。またマイコプラズマやアスペル、クラミジアなどの感染系の病気じゃないですよね?
何かの中毒でもないですよね?などと相談するといいですよ。
電話で確認してみて下さい。かかりつけなら電話相談できると思います。

とにかく落ち着いて下さいね。すぐに死んだりしないので。注射も次回から打つ前に「それは何の注射ですか?」と聞いてから必要なら打ってもらえばいいですからね。

いずれにしろ、安静にしていれば、体の外に吐いて悪いものは出していると思いますし、最悪肝臓さえ無事で、食欲あれば、大体の病気は大丈夫だと思いますから。ぜひ、原因を考えてみてくださいね。原因わかりさえすれば、それを排除すれば治りますから。それがわかるのは、ムーちゃんママさんだけです。
ネットのやり方はお手数ですが、息子さんにきいてくださいね。私はここにメアド載せるのは無理なので。。すみません。無料相談のように、かなり相談のメールをいただいてしまうのと、個人情報を載せるとアンチな人からメールくると嫌なので、すみません。

誤解して欲しくないけど、西洋医学を否定など私はしてません。ただ、鳥に使う場合、人間用なのと、副作用はどんな薬でも必ずあるので。注意して使わないと、副作用が出てしまい、かえってなくなるケースもあるから注意して使って下さいと申し上げただけです。そして、驚くことはないですよ。

西洋医学は人間が1番なので、人間の西洋医学を学んでください。家庭の医学書とか、医学番組などで。そうすれば、おのずと病名わかれば、治し方わかるから、それで鳥にあてはめ使えるものは、治し方がわかるので、その治し方以外に明らかにおかしな治し方していれば、間違いとわかります。

とにかく、うまくお伝えできないし、今ムーちゃんママさんが私に何を確認し、お話したいか?でお話がかわりますので。とにかく息子さんに聞いて、私と個人的に連絡できるようにしてから、お話をお聞きした上でアドバイスしたいと思います。
ムーちゃんがもし、様子見て急変などあれば、迷わず病院へ相談の上行ってくださいね。一応脅かすとかはないけど、何か出たら急変早いので鳥は・・
そこだけ気を付けてあげて下さい。とにかく、大丈夫ですから。私がお話聞く限りですけど。病院のお名前などお聞きできれば、そこの先生のレベルがすぐわかると思いますので。もっと大丈夫とか言えると思いますが、とりあえず、今は平気だと思いますよ。悪いもの食べたら、体に出せば治りますから、普通は。。とにかく、落ち着いて、ムーちゃん観察してあげてくださいね。冷静になることが1番大事ですよ。ここに病院名書かず、あとで教えて下さいね。私とメールできるようになってから。でないと住所特定されるとまずいですから、SNSのトラブルやネットのトラブル、ご存知ですよね?芸能人誰とはいいませんが、そういうがらみで、お二人亡くなっていますし。慎重にネットは使った方がいいし、メンタル弱い方は見ないことも必要ですね。私は別にひどい誹謗中傷を見ても、コロナで死ねなどと言われても全く平気です。そんなことより本当にコロナで死ぬとか、災害で死ぬとかの方が怖いですね。しねしねとか、いわれても「おまえが逮捕されたり、災害やコロナでしぬよ」とか逆に心配になりますよ。

こういう図太い感覚がない人間にはきついこともありますので。私は鳥の病気に関しては正直にお答えしているので。そこは誹謗中傷とかでなく、現実として事実をお伝えしているだけですから。だからといい、心配しすぎたり不安になることはないと思います。そういう風にならないように、事前にアドバイスしているだけなので。生きているものは、1度亡くなれば生き返ることは無理ですよね?私過去頼まれて蘇生したことがありますけど、本当に無理ですよ。亡くなり即やらないと厳しいし、基本動物は無理な場合が多いです。心臓動かせても、装置止めたら即死ぬ、人間でいう脳死状態も多々ありますよ。だからこそ、病気になる前に、初期で完治してもらいたいです。飼い主さんにしか無理なので。横浜の海老沢先生もTwitterで、コロナ過でなかなか病院いけない飼い主さんのために、病気にしないような予防方法を教えてくれてますよね。見てもらえましたか?
勉強になるので、息子さんに聞いてみてくださいね。海老沢先生は優秀な先生だと思いますよ。日本で1、2を争うような鳥さんをちゃんと診れる名医だと思いますよ。

Hi i am kavin, its my first

Hi i am kavin, its my first occasion to commenting anyplace,
when i read this piece of writing i thought i could also create
comment due to this sensible article.

気になった点が少し。車の中で次回から

気になった点が少し。車の中で次回から、出すの辞めた方がいいです。
例えば、地震や交通事故などの不足な事態が起きてしまい、外へ逃げてしまうということが実際過去何度もありました。(私じゃなくいろいろな人達)オカメインコはオカメパニックがつきものですから。それだけお伝えしておきますね。クリッピングなどしていても同じですから(個人的には羽を切ることは、しない方がいいと考えています。万一地震などで建物が倒壊して、空へ逃げた時、天敵のカラスや猫から逃げるためにも、羽はベストな状態で残しておくべきです。)

何にしても原因をみつけて完治できるといいですね。まだ吐いているとのこと心配ですね。1つ基本中の基本ですけど、10歳までに大病をさせなければ長生きできる(20歳、30歳程度、場合により40歳超え)といわれています。病気して、西洋医学の獣医さんが出す薬を飲めば飲むほど、肝臓腎臓胃などの内臓が消耗して、もたなくなります。また、心臓は生まれてから
大体死ぬまで平均何回動くか?所説ありますが、大よそ決まっているそうですが。大病して、副作用がある薬、注射などを体内に入れれば入れるほど、心臓の消耗が激しくなり、寿命を短くしてしまいがちです。
鳥は、外科より内科と一般的には言われています。手術すると手術に耐えれなく麻酔中にそのまま亡くなる、術後の痛みで亡くなる、人間よりいくら手術に耐えられるか?などのテストしても、耐性が弱いですから、テストに合格しても、急変して亡くなることなど普通にあります。下手に薬づけ、治療づけ、検査づけ、手術などをするぐらいなら、何もしないで自宅で安静にして、寒がってたら保温し、栄養がある普段の食べ物を与えて体力回復まで待ってもらう方がいい場合もあります。
無論例外もあります。何もしないと野生の鳥と同じで、その子の自己免疫力や体力次第となりますから、西洋医学で確実に短い期間で完治できるなら、副作用のリスクを知った上で、西洋医学を上手に使うことをお勧めします。ただ、薬をだらだら一生飲ませるのはダメだと考えて下さい。薬を飲む=病気が治ってない。症状が改善できてない。
証拠ですから。鳥は1か月程度で、病気を基本完治させます。さもないと外敵から襲われて死にます。それを目安に考え、1か月を目安に、抗生剤などの強い薬は、1,2週間目安で、切ることを考えながら与えることをお勧めします。1,2週間でよい効果があるとか?薬が効いているとか?そういう効果が一切感じられない場合も、その薬は先生に相談の上辞めた方がいいです。効きもしない薬をだらだらと飲ますことが1番体に悪いことですから。職人技になりますけど、自分の愛鳥を観察して、その子にあった対処方法を都度考えてやるのは、飼い主であるムーちゃんのママさんのお仕事です。

長生きさせたいなら、年に1、2回の定期健診(血液検査レントゲン含む)は、若いうちはきちんとやり、何かあれば早急に病院へ行くことを
心がけてくださいね。オカメインコの場合、20歳超えると場合により血液検査はパスした方が無難ですし、心臓疾患がある子などや呼吸が荒く開口呼吸などしている子は、レントゲンも辞めておいた方が無難ですけど。

また、20歳に拘らず、ムーちゃんが血液検査やレントゲンを嫌がり、消耗が激しいと感じた時は、先生に相談し、落ち着いてからやるとか、当面休止するなどの、柔軟な対応が必要です。それは毎日観察されているムーちゃんママさんにしか無理なことですから。毎日記録して、対応してくださいね。

それまでは、年に1回ないし、2回程度は、細胞レベルで起きていることを把握し、例えば「コレステロールや中性脂肪が高いから、おやつに糖質高いコーンやマスカットやバナナは上げないとか。」いろいろと、日々の食事でその日の気温、湿度、気圧などや、その子の体調などで、ご飯を決めて
コレステロール、血糖値、中性脂肪などを正常にすることができてくると思います。例えば、マスカット1粒あげただけで、中性脂肪200を軽く超えて異常になる子もいます。また、発情しても中性脂肪異常になります。

長々とすみません。ポイントを押さえて油断しないところは、きっちりすれば、後は多少大らかなゆったりした育て方をしても元気に育ちます。神経質になりすぎてもダメですが、外してはいけないポイントはしっかりやらないと、健康で長生きできません。介護などせず、健康寿命を長くたもち、楽しく幸せに過ごすことが目標なのか?毎日朝4時に起きて夜中に度々介護して薬づけで見た目飛べなくてボロボロよぼよぼで、寝たきりで装置外すと死んでしまうけど、生きているだけでいいのか?短命でも好きなことをさせてあげて毎日お互いに楽しければそれでいいのか?飼い主さんの望む愛鳥さんとのかかわりで、対処方法も変化していくと思います。
私は個人的には、その子の最大寿命まで、健康のまま、介護もバリアフリーもなし、最期まで飛んで、元気に遊び、鳴き、よく食べて、ピンピンぽっくりで、最期は安らかに眠るように息を引き取る 大往生したといわれるような生き方を自分の愛鳥には望みますね。寝たきりの状態で苦しみながら長きにわたる闘病生活などは望んでいません。私の愛鳥もそれは同じだとみていて思いますね。鳥が1番何を望むか?にもよりますが、鳥の声を常に聞き、
1番鳥が望むことをしてあげたいと思います。

ページ