インコの迷子急増中

オカメインコのお世話2 ケージの掃除、日光浴、水浴び

ケージの掃除

オカメインコは大半の時間をケージの中で過ごします。そのケージを綺麗に保つことはとても大切です。

衛星面からいっても、ほこりが溜まっていたり、フンが長い間ケージに溜まっていると、オカメインコが細菌に感染して病気を発症することもあります。

また、オカメインコはキレイ好きですので、きれいになったケージを喜んでくれます。

フンの掃除

フンキリ掃除ケージの下の部分にフンキリ網がありますので、その下に敷き紙(キッチンペーパーや新聞紙など)を置いてフンを吸収します。他にも、吸収性が高くえさ殻、羽の舞い上がりを防止するバードマットという製品もありますので、好みにあったものを選んでください。

ケージの中にフンが長い期間あるということは、衛生的によくありません。感染症や細菌から重い病気になってしまうことがありますので、病気の予防のためにもこまめに掃除しましょう。

ケージ全体の掃除

ケージの掃除ホコリやフンなどが付着しますので、月に一度はケージ全体を水洗いしてから熱湯消毒、日光消毒などしてキレイな状態にしましょう。

日光浴

インコは日差しを全身に浴びることで、ホルモンバランスが整えられ体内でビタミンD3を生成します。

日光浴をしていないと、ビタミンD3がオカメインコの体内で生成されず、カルシウムを摂っても吸収できなくなって、丈夫な骨が作られなくなります。ひどくなるとカルシウム欠乏症を引き起こします。

1回あたり10分ぐらいを目安にベランダなどの外に、ケージにいれたまま置いてあげましょう。

外に置く際には、インコが日差しをよけられるよう、ケージの上部1/3をタオルなどで隠して、熱くなりすぎたときに隠れる場所を確保しましょう。また、オカメインコが外に出てしまわないよう、ナスカンなどを使ってケージがしっかりロックされているか確認しましょう。

<インコの日光浴> ※動画はコザクラインコ

ケージを置く場所に、野生の動物が現れる可能性がある場合、あえて外にはケージを置かず、部屋の中で直接日差しが入るところでも構いません。

窓越しのときは、窓を閉めていると紫外線をほとんどカットしてしまい日光浴の意味がありませんので、窓を開けて直接日差しが入るようにしてください。そのときも必ずオカメインコが日差しを退避できる場所を確保してください。

日光浴のときは短い時間とはいえ、暑い夏場では熱中症の恐れもあります。オカメインコの近くにいて、暑がっている行動をしていないか様子を見れる場所にいると安心できます。タイマーも併用して放置してしまわないようにしましょう。夏場の炎天下は短時間でも危険ですので避けるようにしましょう。

自宅の環境や寒い冬場など、どうしても日光浴ができない場合、太陽光に近いフルスペクトラムライトがあります。このライトを使えば日光浴の代わりになりますので、状況に応じて適宜使われるとよいかと思います。

水浴び

オカメインコの水浴びオカメインコはキレイ好きで水浴びも大好きです。

小皿にオカメインコの足元くらいまで浸かるくらいの量の水を入れて水浴びさせてください。あまり深い皿に水を入れすぎると事故にもつながります。

また、オカメインコは水浴びの直前に水を飲むことがありますので、飲んでも大丈夫なようにキレイな水を入れてあげてください。

寒い冬場は温かくしたぬるま湯をあげたくなると思いますが、ぬるま湯はオカメインコの脂質を落としてしまい水をはじかなくなります。水をはじかなくなると体温が急激に低下しますので、冬場であってもぬるま湯ではなく水を使ってください。

万一、ぬるま湯で水浴びをした場合、そのまま放っとくと風邪をひきやすくなりますので、タオルなどで水気を拭き取ってあげてください。

<インコの水浴び> ※動画はコザクラインコ

オカメインコの飼い方