迷子急増中

インコの病気

カンジダ症

カンジダは消化器官に常在する菌のひとつですが、抗炭水化物などの偏った食餌(人の食べ物に多い)や長期間の抗生剤投与、ビタミン不足やストレスによって増殖することがあります。

症状としては、口腔、そのう、胃腸粘膜などに潰瘍や膿瘍などで、皮膚やクチバシに病変を作ることもあります。

治療は抗真菌剤の投与で行われます。

バランスのとれた食餌、ケージ内を清潔に保てるよう衛生管理をすることが大切です。