SNSでシェアできます。

副鼻腔炎(洞炎)

更新日: 2021/01/27

副鼻腔炎とは、鼻腔と眼の間の副鼻腔におきた炎症です。

ビタミンA不足、免疫力の低下から細菌、ウイルス、寄生虫などに感染して発症します。

鼻炎から進行して副鼻腔炎になることが多いです。

症状として鼻炎からの進行の場合は、クシャミや鼻汁を伴いますので、早期に動物病院で診てもらえば治りも早いです。

やっかいなのが、鼻炎を伴わない場合もあり、涙目や目の腫れで見つかったときは病状がかなり進行しています。

目の腫れの原因は、副鼻腔内に膿が溜まっているからです。

呼吸困難の症状も現れますので、早急に獣医師に診てもらってください。

症状: 

  • くしゃみ
  • 涙目
  • 目の腫れ
  • 鼻汁

※こちらの病気にかかった方からの情報をお待ちしています。

インコの病気一覧