SNSでシェアできます。

甲状腺腫

更新日: 2021/01/27

ヨード不足や甲状腺腫を誘発する物質を摂り過ぎていることにより甲状腺が腫れる病気です。

セキセイインコや文鳥に多く見られます。

甲状腺が腫れると気道を圧迫して、喘息のような呼吸困難の症状が現れます。

軽度のうちは症状がわかりませんが、進行して甲状腺が気道を圧迫してくると、いつもとは違う鳴き声(ヒューヒュー、ピーピーなど)、異常な呼吸音(ヒーヒー、プスプスなど)や口を開けて呼吸します。

インコが呼吸を苦しそうにしていたら甲状腺腫を疑ってください。また、インコを注目しすぎると呼吸が苦しくても隠す習性がありますので、離れて確認するようにしてください。(人は離れてスマホで動画を撮るのも有効です)

人前でもインコが呼吸をしずらさそうにしていたら重度の状態ですので、すぐに動物病院で診てもらってください。移動することが危険と思われたら動物病院へ事前に連絡して獣医師の指示を仰いでください。

呼吸困難の症状がでたからいってヨード不足と判断して栄養を摂らせることはせず、すぐに獣医師に診ていただいて投薬や治療することが大事です。自己判断しないように注意しましょう。

甲状腺腫を誘発する物質を含むものとしては以下が分かっております。

  • 大豆
  • キャベツ
  • ブロッコリー
  • 小松菜
  • チンゲン菜

他にもありますが、インコに副食として与えそうなものをピックアップしました。

ここにあげているものを与えていけないというのではなく、与えすぎはよくないと認識いただければと思います。

症状: 

  • いつもと違う鳴き声
  • 呼吸困難
  • 異常な呼吸音

※こちらの病気にかかった方からの情報をお待ちしています。

インコの病気一覧